車両検知センサーなど産業機器の販売と電子機器の受託製造

産業機器の販売、電子機器の受託製造ならフューレックス

様々な産業機器の調達や電子機器の製造のことなら当社にお任せください

トップページ > 製品案内 > PSS-100
1ターンループコイル式在車検知センサー



■1ターンループコイル式在車検知センサー

ループコイル式車両検知センサーとは地中に電線をコイル状に埋設し、そのコイルで車両の検知を行うものです。通常はコイルは4ターン程度巻いて埋設するため、その分大きな溝を掘る必要がありました。(他社では8ターン以上巻く必要があるものもあります)しかし、PSS-100は1ターンのコイルを埋設するだけでよく工事の手間を大幅に少なくすることができます。

車両検知センサーPSS-100の特長

  • 車両の在車を検知すると外部にリレー接点により通知します
  • ループコイルのターン数は1ターンです←世界初
  • 調整が簡単です(ほとんどの場合、調整は必要ありません)
  • 発振周波数の切り替えが可能で隣接したループコイルの影響を受けません
  • 停電復帰後も状態を正確に表示します
  • 小型軽量(手のひらにのるサイズです)
  • オプションでRS-485通信機能を搭載可能

【ループコイルセンサーの原理】
地中に電線をコイル状に埋設した状態で電流を流すと磁界が発生します。(ループコイル)その上に車両(金属物)がくると、ループコイルのインダクタスが変化しますので、その変化を捉え車両の有無を検知します。

▼在車検知の使用例▼


▼機器への組込イメージ▼

車両検知センサーPSS-100の利点


PSS-100はループコイルのターン数が1ターンのため次の利点があります。
  • 路面のカットが浅くすみます。(ハンドカッターでも作業可能)
  • 路面を掘り起こした後の残土がほとんど出ない(残土処理が簡単)
  • コイルの移設や撤去も簡単

車両検知センサーPSS-100の仕様


項  目 仕  様
検知方式 位相角変化検出方式
制御方式 マイクロコンピュータ
表示 在車、適正動作、送信、受信
(送信、受信は通信オプション仕様時のみ点灯)
検知レベル 検知レベル20または選択
電源電圧 DC12Vまたは24V
消費電流 DC24V時 0.1A
出力 リレー1接点(検知時クローズ)
外形(mm) 28(D)×107(W)×56(H)
重量(g) 約70g

車両検知センサーPSS-100の外観




    PSSシリーズには次のような機種もあります!
  • PSS-100と同形で3〜4ターンコイルに対応できる「PSS-100-4T」
    すでにループコイルが埋設されている現場で検知器本体を変更したい場合などにご検討ください。
  • ドライブスルーの車両検知に使用することを考えた「PSS-100-DT」
    検知処理までの時間が速く、検知後に車両がループコイルから離れると速やかに検知オフにするといった特徴を持ちます。ループコイルは1ターンですので、埋設工事が楽です。

詳細につきましてはこちらまでお問い合わせください